偏った情報が掲載されている賃貸情報誌

多くの人が賃貸情報誌などを参考にして物件探しをしていますが、その情報が全てでは決してありません。
誌面が限られているということは、安くて条件の良いものだけを掲載して目を引き、来店してもらうことに目的が集約されているのでご注意ください。

 

コンビニなどで気軽に購入をすることが出来る賃貸情報誌などにはエリア毎の相場が掲載されていますが、その情報が正しいとは決して限りません。
雑誌と不動産屋で提示する家賃相場があまりにも大きくショックを受けてしまうことがあります。

 

賃貸情報誌が店頭に並ぶまでは、インターネットとは違い様々な工程がありますので、実際に掲載されている物件情報は二週間程度過去の情報と認識しましょう。
実はせっかく見つけたその物件は、すでに契約されてしまっていることが多くありますので、正直なところ雑誌の情報は古い情報なのです。 非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。



偏った情報が掲載されている賃貸情報誌ブログ:2017年08月13日

おいらは高校を卒業し、
地元から少し遠い大学に進学したため、
ひとり暮らしを始めた。

少しづつ学生生活にも慣れ、
楽しく連日を過ごしているとき、
おいらに試練が与えられた。

ある日の授業中、突然顔の右半分が麻痺し、
思うように動かなくなってしまった。
急いで病院に向かった。
仕事が終わったばかりの親父も病院にかけつけてくれた。

医師の診断によると、
おいらの病名は、顔面神経麻痺。
環境の変化によるストレスからの麻痺ということだった。

人によって治るは早さは様々だが、早くても1ヶ月。
長いと半年くらいかかるとのこと。

その日は、薬をもらい、帰宅した。
おいらは、怖くて怖くて仕方がなかった。

目が閉じられない。うがいが出来ない。笑うことができない。
昨日まで普通に出来ていたことが、いきなり出来なくなった…

おいらは精神的にもすごく落ち込んでしまった。
しかし親父も母も、おいらを献身的に支えてくれた。

実家に帰ったら、
上手く食べる事ができないおいらのために、
母はやわらかい食べ物を作ってくれた。

顔が動かせないおいらのために、
親父はマッサージを教えてくれた。

おいらは、病気が治ったら、
笑って「ありがとう」って言おう!と心に誓った。
それから、連日薬を忘れずに飲み、マッサージも続けた。

そして、発症から1ヶ月ほどしたある10時、
「おはよう」という母に、
口角がしっかり上がった笑顔で「おはよう」と返せた。
とても嬉しかった。

そのことに親父と母が喜んでくれたことが嬉しかった。
おいらは笑顔で「ありがとう」って言った。 

病気なんて、ならないほうが良いに決まっている!
でも、今回の病気で、
親父と親父に「ありがとう」って純粋に言うことが出来た。

怖かったけれど、嫌だったけれど、
おいらは確実に成長できた。