礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう

契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。

 

物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
基本的に退去時の修復費として利用されますが、家賃の滞納時にもこの敷金から差し引かれることとなります。

 

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
なので、どこまで敷金が適用する範囲なのかをまずは確認しておくと良いかもしれませんね。 これからの時代は、アパートやマンションを購入するのではなく、賃貸タイプが主流となってくることでしょう。
現在でも人気の賃貸物件を賢く探すためには、とにかく不動産屋選びが大切となってくるのです。





フコイダン
URL:http://daiichi-sangyo.com/
フコイダン


礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しようブログ:2017年08月06日

ミーには小学生のムスコがいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

2週間前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「息子のことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

ミーが答えたことは、
「息子のハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他の息子たちと比べてしまうから切ないのかな、いや〜でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のミーの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしてミーはしばし黙って考えました。

それからミーは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う〜ん、なんかミーが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、ミーは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のミーの気持ちが、
「つらいよ〜、ミーの気持ちに気付いてよ〜」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたミーは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらない息子」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。